健康&安全の追求

健康&安全の追求

ノンホルム材などの健康仕様で、新築病対策への配慮も万全です。

クレバリーホームでは、人体に悪影響を及ぼすホルムアルデヒドの低減に向け、天井、壁、床の基本内装材は、新築病や環境を考慮した素材を厳選しました。

ホルムアルデヒド放散量がJAS規格の最高基準であるF☆☆☆☆(エフフォースター)をクリアしたフローリング材。RALマーク適合相当商品である内装クロス。 ゼロホルマリンタイプの接着剤。そして、キッチンキャビネットや扉材等もF☆☆☆☆相当の低ホルムアルデヒド仕様を採用。

さらに、巾木や廻り縁、建具、サッシ枠には、これまでの塩ビシートやオレフィンシートをしのぐ非塩ビ系新素材を使用し、万一の火災時でもダイオキシンなどの有害ガスを発生せず、トルエンやキシレンを使用しないVOC対策仕様となっています。

また、キッチンカウンターや洗面ボール、シャワートイレなど水まわりの肌に触れる部分の多くは抗菌仕様品としています。

※極度のアレルギーの方は、事前にご相談下さい。
t_C_bring.jpg

1m刻みのメーターモジュールで、ゆったりと安全な住まいが生まれました。

住まいの設計サイズを、旧来の慣習から半間(約90.9cm)を単位に考えるのではなく、1mを基準とするメーターモジュールをクレバリーホームは採用しています。

そのために、長さで約10%、面積で約21%広いゆとりある空間を様々な部分で生み出しています。

たとえば、日常生活で頻度が高く使われる廊下、階段、トイレなど、これらのスペースをひとまわりワイドに (廊下の幅は、尺モジュールの約78cmに対してメーターモジュールでは約85cm)できるため、暮らしやすさを大きく向上させることができます。

また、高齢者対策として廊下、階段、トイレなどに手すりをつけた場合でも、すれ違いに必要な幅を確保でき、お年寄りへの配慮や将来の住み心地を考えた、生涯住宅の設計基準寸法といえるでしょう。
メータモジュールの廊下
メータモジュールの廊下

将来に備えた安全な住まいを目指し、ユニバーサルデザインに配慮しています。

安全と思われる住まいの中であっても、家庭内の事故は意外に多く起きています。

これからの住まいにとって、安全への配慮は重要な問題です。

そこで、クレバリーホームが採用したのが、年齢や個人差を超えて、誰もが安心して安全に使用できるというユニバーサルデザインの考え方。

クレバリーホームでは、不慮の転倒を防ぐために、和室と廊下、和室と洋室の敷居と浴室出入口の段差を解消し、また、玄関、階段、浴室には、お年寄りやお子様などの動作をサポートする手摺りを設置しました。

この場合でもメーターモジュールですので、手摺りをつけても圧迫感がありません。

階段には支えになる手すりを配置
階段には支えになる手すりを配置

和室と廊下の間もフラット
和室と廊下の間もフラット

浴室まわりも段差がありません
浴室まわりも段差がありません

玄関手すり
玄関手すり